花粉がすごそうな花の写真

花粉症と併発すると危険なアレルギー

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物花粉によってくしゃみや鼻水と言ったアレルギー症状が引き起こされる病気です。原因になり得るとされている植物は、日本には約60種類もあると言われています。出てくる症状は他にも目のかゆみや肌のかゆみ、のどの違和感などが挙げられ、どんな症状がどの程度の強さで出てくるかは個人によって異なります。そしてアレルギーとは、花粉症もこの中に含まれるもので、本来であればまったく病原性のないものに対して、体が過剰に反応を示してしまうことであらわれる症状のことです。このアレルギーを引き起こす物質としては様々なものが挙げられ、たとえば猫の毛や特定の食べ物、ダニなどがその一例としては挙げられます。花粉症を引き起こした際、症状として出てくるのは先述した通り、鼻炎に関する症状のみである場合がほとんどです。しかし中には、それ以外のアレルギーが併発されてしまうこともあります。そしてその中には、命に危険を及ぼすアレルギーもあるため注意が求められます。そのひとつが、口腔アレルギー症候群と呼ばれるものです。これは特定の食べ物を摂取した際に引き起こされるアレルギー症状のひとつです。唇や口腔内、また喉にピリピリとしたような、イガイガとしたような痒みや腫れが出てくるのが特徴です。そしてそれだけで症状が収束しなかった場合には、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。このアナフィラキシーショックは、じんましんや意識障害、時には呼吸困難をも引き起こす症状であり、重篤化した場合には命にかかわる事態を引き起こしかねない症状です。口腔アレルギー症候群の原因になる食べ物と花粉症を引き起こす花粉には、非常に似た物質を含んでいるものも多いため、花粉症からこれが引き起こされることも多いのです。

アレルギーから気管支炎発症

春や秋になると多くなる花粉症は、アレルギー疾患のひとつで、日常生活にも支障がでることから悩まされる人も多い症状です。季節性だけでなく、アレルゲンとなる植物が地域によって異なることから、発症率も地方で変わるとはいえ、平均して30%以上もの人が花粉症に悩まされているとされます。花粉症の原因となるのは、主にスギ、ヒノキ、カバノキ、ブタクサとありますが、その他にもマツ、ブナ、ヨモギや地域性の高いクルミ、ウメ、クリといったものまで様々です。症状についてはクシャミや鼻水、涙が止まらない、目の充血、鼻づまりを訴える人が多いのですが、他にも喉の痛みや咳といった気管支炎を引き起こすこともあります。花粉症では目や鼻にくる症状だと思われがちですが、皮膚や気管支にも発現する可能性は十分にあるとされています。特に気管支においては、解剖学的に鼻と繋がっていることから、炎症細胞の流入と活性化が同時に起こる可能性があると示唆されており、アレルギー性の気管支炎および喘息は花粉をアレルゲンとして起こる事が分かっています。このことから、気管支炎や喘息に罹患した患者には、鼻炎と同時に治療を行うことで、より効果的な症状の緩和が見込めるとされています。抗ヒスタミン薬が花粉症に効くとされますが、適応症状が鼻炎のみで、気管支炎や喘息には効果がないとされているのに、専門の医療機関で診察を受けると、よく処方されるのには、こういった理由があるからなのです。加えて鼻炎患者は気管支の潜在的な症状を抱えており、喘息などの患者には鼻炎が潜在的に発症しているとも言えます。花粉症の季節に鼻や目の症状以外で、喉に違和感などを感じた場合は、アレルギー性気管支炎や喘息が起きた可能性がありますので、専門の医師に相談するようにしましょう。

多重花粉症とは?

花粉症は、植物の花粉が体内に入り込む事によって、鼻水やくしゃみ、鼻のむず痒さといった症状を引き起こします。一般的な花粉症は、単一の花粉が体内で反応したり、症状を引き起こす原因になるので、比較的対象法は簡単と考える事が出来ます。ただ、体が反応する花粉が増えた場合は、多重花粉症として一気に対応が難しくなります。多重花粉症とは、複数の花粉が体の中で症状を引き起こしたり、症状が重く重症化する事がある問題です。初期の花粉症は、最初に原因物質の特定を行い、その種類にだけ対応を行えば症状は回避出来ました。しかし、現代は複数の花粉症物質が空気中を舞ったり、常に埃やダニといった様々な物質に接触する機会が増えているので、連鎖反応的に花粉症が悪化するケースが増加しています。多重花粉症の問題は、花粉だけに限られるものではなく、他の物質とも反応し易くなる点に懸念が存在します。体内の防御反応が暴走した状態では、正しい敵味方の判断が難しくなるので、僅かでも体に影響を与える物を危険物質と認定し易くなります。その結果、常に症状が慢性化して続くので、辛い症状が一日の中で休まる事は限られてしまいます。症状の悪化を避ける為には、徹底した対応策を実行に移す事、そして再発を防ぐ心構えを続ける事がポイントです。治療の基本は薬物療法で、症状を抑えて日常生活を取り戻し易くする事が前提です。日常生活中ではマスクを着用する事、これは常識的な選択ですが、マスク自体を綺麗に保つ事も一つの方法です。また、室内は徹底的に掃除を行い、埃の蓄積を避ける事が効果的な予防策になります。フィルターを取り付けた換気扇による換気、室内の埃を捕まえる空気清浄機は、清浄な環境を実現する補助的な効果があります。花粉に触れる時間を短くする事、これが症状の悪化を予防する方法なので、徹底的な掃除を継続して行う事も改善に繋がる効果的な取り組み方です。