花粉がすごそうな花の写真

花粉症やマンゴーアレルギーに効く錠剤

まず、花粉症とは、花粉などといったアレルギーの原因物質によって体内に出てきたヒスタミンという物質により、神経や血管などが刺激されるアレルギー反応です。全身症状が表れ、主な症状としては、くしゃみ・目のかゆみ・鼻水・倦怠感などが挙げられます。

花粉症の錠剤はヒスタミンの発生を抑えたり、ヒスタミンの働きを抑えることにより緩和しますが、病院で処方される薬と薬局で売られている鼻炎薬などには大きな違いがあります。

病院で処方されるもので代表的なものはアレジオン、アレグラ、アレロックなどですね。市販薬に比べて、副作用が軽減されているので上院側は積極的にこれらの薬を処方します。一方で、市販薬として薬局などで売られているのは抗ヒスタミン薬で、即効性があるので外出していて急に症状が悪化した、と言うときには非常に便利です。ただし、こちらは副作用が強く、眠気が強くでます。ですのでオフィス勤めの方は注意をしてください。

次にマンゴーアレルギーに効く錠剤を挙げますが(花粉症との関係は後述)、その前にマンゴーアレルギーとはどのようなものなのでしょうか。マンゴーアレルギーの主な症状は全身に紅斑が現れたり、丘疹などの症状が出ます。稀にですが生死にかかわるアナフィラキシーショックを引き起こしたり、気管支ぜんそくの発作を起こすので、アレルギーの方は錠剤を必ず持っているかと思います。

マンゴーアレルギーの治療方法は体質を改善することで、同時に持ち合わせている花粉症などのアレルギーを治療することで進められていきます。経口薬として服用するのは抗アレルギー薬です。たとえば、抗ヒスタミン薬。実は花粉症とマンゴーアレルギーの治療薬は同じものが用いられているのです。症状が軽いものですと服用してから1時間程度で収まりますが、重症ですと病院に行って点滴を受ける必要があるので注意しましょう。