花粉がすごそうな花の写真

児童相談所で花粉症にザイザルを飲ませていいか聞く

冬が終わりを告げ、小春日和の日が続くと、多くの方々を悩ませるのが、花粉症です。
鼻づまりをはじめ、くしゃみや鼻水、喉や目の痒みといった症状がみられ、日常生活がままならない状況に陥ります。
花粉症の要因となる花粉には、様々な種類がありますが、最も大きな原因となるのは、スギ花粉です。
花粉症の患者の70%以上の方々が、スギ花粉によって、様々な花粉症の諸症状に悩まされています。
スギ以外には、ヒノキをはじめ白樺やケヤキなども有名です。
そもそも、スギが最も大きな要因になるのは、全国の森林の面積の20%近くが、杉林であるためです。
広大な面積に、多くの木が存在しているので、花粉の量も増加するのです。
木の本数が少ない北海道や、木が存在しない沖縄においては、当然花粉症の患者さんも少ないです。
花粉症が起こる時は、まず花粉が目や鼻といった粘膜に付着することから始まります。
粘膜についた物質を洗い流そうとし、涙や鼻水を出すというわけです。
つまり、花粉症の時に見受けられる諸症状というのは、体内から物質を追い出すための、本能的なことなのです。
くしゃみなど、鼻を中心として様々な症状が起こりますが。目に生じる症状が多いというのも実情です。
目の場合は、痒みの他に涙が止まらなくなったり、充血といった症状もみられます。
重症化してしまうと、食欲不振に陥ったり、胃腸障害に発展してしまうこともあります。
食べ物が口にできなくなると、体力が落ち、ますます花粉症の症状に苦しめられることになるので、できるだけ早い段階から対策することが求められます。
長年、諸症状に悩まされるようになると、毎年症状が起こる時期がわかるようになるので、早めの対策ができるようになります。