花粉がすごそうな花の写真

会社で花粉症症状が出た時の応急処置

花粉症は、花粉に対して人間の身体が起こすアレルギー反応の1つです。体内の免疫が花粉を異物として反応し、症状が出現します。つまり、花粉症が引き起こす症状は体の防衛反応により異物を外へと排出しようとして生じています。主な症状としては、目のかゆみ・くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどが挙げられます。これらは涙やくしゃみ・鼻水となり外へと出す防衛反応と言えます。花粉症の症状に対しての対応としてはマスクや眼鏡などの防衛や、窓を閉める・手洗いうがいなどの対応・花粉量をテレビやインターネットでチェックするなどの予防的な対応が好ましいです。また、食事や適度な運動・十分な睡眠により免疫系を高め、花粉に対して過剰な反応を示さないようにする事も重要な視点となります。しかし、必要な外出などで花粉症が生じてしまう事もあります。その時の応急処置としては、花粉症による防衛反応を意図的に出す事が効果的と呼ばれています。無意識で鼻づまりや涙が止まらない状態になると苦痛ですが、メンソールやハッカ油などをマスクの内側に塗ると、自然に涙や鼻水が排出されます。結果的に花粉を体外に排出する事で安楽な状態を作る事が出来ます。また、薬局にも打っているアレグラFXなどは眠気が起こりにくい花粉の薬です。薬による対応も応急処置としては有効です。しかし薬局の薬は種類が少ない為、自分にあった物に巡り合えない可能性もあります。その為、まずは耳鼻科で自分の身体に合った薬を処方してもらう・ネブライザーなど医療的処置により鼻づまりを安全に解消する事が重要です。花粉症は痛みは伴わないですが、日常生活に影響する病気です。自己判断では予防という事が重要ですが、耳鼻科で専門的な治療も重要な視点です。